マチルダ先輩さんの記事
2019/10/16

【ちょっと一息】カップチーズケーキ【一休み】

3 views
公開
お気に入り
こんにちは。マチルダ先輩と申します。
日が暮れる時間も段々と早くなり、秋が深まってきました。
過ごしやすい秋を、一番好きな季節に挙げる方は多いのではないでしょうか。貴重な時間を大切に過ごしたいけれど、やりたいことがたくさんありすぎて、毎日とっても忙しい…。
そんなときこそ、ちょっと一息。おいしいおやつを食べましょう!
今回は、忙しい毎日でも、合間にできる簡単スイーツ。カップチーズケーキのご紹介です。
毎日のごはんづくりで手一杯!デザートづくりの時間なんてないよ~と思った方、大丈夫です!今回も超簡単らくちんレシピとなっております。
私も離乳食を始めたばかりの生後6ヶ月の娘がおり、毎日いかに家事をせず楽できるかを脳裏に浮かべて暮らしております。
時間がなくても、ビストロNE-BS1500がおいしく仕上げてくれますよ♪
それでは、今回もぱぱっと手軽に始めましょう!

ちなみに、わが家では型のココットが4個しかないため、材料を少し減らして作りました。
レシピではココット6個の分量ですので、各ご家庭に応じて調整してくださいね。

■カップチーズケーキ
URLはこちら→https://www.kitchen-pocket.com/recipe/detail/5371

まずは、クリームチーズをボウルに入れてスケッパーなどのゴムべらでよく練ります。市販のクリームチーズはもともと軟らかい状態で販売されているので、すぐになめらかになりますよ。
砂糖を少量ずつ加えたら、塩を入れて泡立て器で混ぜます。
お恥ずかしながら、我が家には泡立て器がないので、空気を一緒に入れるイメージでゴムべらで混ぜております。
溶いた卵、生クリーム、薄力粉、レモン汁の順に加えていくのですが、このときは空気を入れないように混ぜるのがポイント!混ぜすぎると焼き上げたときにココットからはみ出てしまいます~。
ここまでできたらあとは容器に入れて焼くだけ。ビストロNE-BS1500にお任せしましょう!

♪ビストロNE-BS1500タッチパネル操作方法
料理集 → 番号で選ぶ → No.278 → 決定 → 決定 → スタート!
☆上記には5分間の予熱時間も含まれています。

庫内を予熱している間にココットに生地を入れ、角皿の中央に並べます。
このときもなるべく空気を入れないように、静かに流し入れてくださいね。
予熱が完了したら、下段に角皿を入れて、スタートボタンを押しましょう。
おつかれさまでした!あとはできあがるのを待つのみです。

突然ではありますが、赤ちゃんのいるご家庭にアナウンス。
クリームチーズは生後8ヶ月頃の離乳食中期(モグモグ期)から、レモンは生後11ヶ月~1歳頃の離乳食後期(パクパク期)からと言われることが多いです。
また、ほとんどの食材は生で食べるよりも加熱することでアレルギー症状が出にくくなります。今回はすべて加熱する調理方法なので関係ありませんが、覚えておきたい知識ですね。
娘はまだ生後6ヶ月の離乳食初期(ゴックン期)なので、まだチーズケーキを食べることはできないのですが、赤ちゃんがいるご家庭も、月齢に応じて作ってあげてください。砂糖はレシピの分量よりも少量でお願いします~。

はやく娘といっしょにおやつを食べたいな。よだれを垂らして遊ぶ娘を見ながら、ふくらんでカップから少しはみ出したチーズケーキをおいしくいただきました。
38件の「いいね!」がありました。
38件の「いいね!」がありました。
12件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる