キッチンマガジン
  • [メンテナンスのお知らせ] 2019/12/16
    いつもキッチンポケットをご愛用いただきありがとうございます。 CLUB Panasonicのメンテナンスに伴い、以下の日程でキッチンポケットWeb/アプリの一部サービスを停止いたします。 2019年12月16日(月)午前 0:30~午前 2:00頃(最大) 期間中は、CLUB Panasonicサイトへのアクセスができなくなるため、キッチンポケットWeb/アプリからも、新規会員登録、ログイン等のサービスをご利用いただけない場合がございます。 お客様にはご不便をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
2016/09/07

秋だ!サーモンだ!絶対失敗しない「わりとオシャレ」なレシピ3選【第1弾】

4
3471 views


  秋といえば、やっぱりサーモン

フト気づけば、もう秋
お腹をポリポリ掻きながらテレビの前で日本代表選手を応援していた筆者も、何やらオシャレな気分になってくる季節です。


▲秋の食材の代表格といえばコレ!

そんなワケで今回は、秋の味覚としておなじみのサーモンを、ちょっとオシャレに味わっちゃおうと思った次第。あ、オシャレ感を漂わせつつも、あくまでカンタン&失敗しない点もポイントですよ~

第1弾は、生鮭の切り身と野菜のオーブン焼きを提案します。


  ディルで一気に北欧風!サーモンのオーブン焼き

<材料>2~3人分
・生鮭の切り身 2切れ/約200g
・じゃがいも 小1個/約100g(薄くスライスする)
・玉ねぎ 中1/2個/約70g(薄くスライスする)
・ズッキーニ 約50g(1㎝の角切り)
・パプリカ 約50g(1㎝の角切り)
・プチトマト 7~8個
・塩こしょう 少々
・マヨネーズ 大さじ2
・粒マスタード 大さじ1
・レモン汁 大さじ1
・オリーブオイル 大さじ1
・ディル 適量

生鮭に塩こしょうをふっておきます。じゃがいもをなるべく重ならないように耐熱皿に並べ、ラップをして根菜コース(手動の場合はレンジ600Wで3~4分)で加熱します。

耐熱容器にじゃがいも、玉ねぎの順に敷き、その上に生鮭をのせます。マヨネーズと粒マスタード、レモン汁を混ぜ合わせ、ソースをつくります。

オーブンを200℃で予熱しておきます。生鮭にソースをたっぷりと塗り、ズッキーニ、パプリカ、プチトマトを周りに置き、オリーブオイルを回しかけます。最後にディルを散らします。予熱完了後、角皿を下段にセットし、約15~20分加熱。

※ビストロNE-BS1300を使用。お持ちの機種にあわせて、加熱時間を調整してください。


  ビストロ調理なら型崩れ&焦げの心配ナシ


▲そのまま食卓に出せるのもうれしい!

ビストロのオーブン調理なら、魚の型崩れや焦げる心配もナシ!焼きあがったらそのまま食卓へ出せるところも、ズボラな筆者としてはうれしいところ。

この通り、鮭はふっくら仕上がりました。ディルは魚によく合う爽やか系ハーブで、少し加えるだけで北欧風の味わいになりますよ~。入手が難しい場合は、フェンネルやローズマリー、タイム、パセリなんかでもいいかも。


  次回更新は9月14日です

2週連続秋のサーモンレシピ企画の第1弾はここまで。
次回は、鮭フレークを使った超お手軽料理が登場します!

それでは、また来週~

◆第2弾は9月14日更新です◆

48件の「いいね!」がありました。
48件の「いいね!」がありました。
4件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる