キッチンマガジン
2014/10/10

巷でウワサの油を使わない「鶏のから揚げ」3ステップ

3
7851 views

■みんな大好き!おかず界のキング

お弁当に良し、おつまみに良し、もちろん、メインディッシュにしてもOK。
おかず界きっての人気者といえば、外はカリッと中はジューシーな「から揚げ」!
箸が進む美味しさですが、油をたっぷり含んだ揚げ物は、カロリーが気になるところですよね。

■驚愕!実は、こんなに油を使っていた・・・

いつもの作り方の場合、鶏肉がしっかりと漬かるくらいの量の油が必要。
例えば、直径24cmの鍋なら、なんと800mlも!調理後の油の処理が、これまた面倒ですよね。

 

■たったの3ステップ!“揚げない”から揚げ

・・・というわけで、“揚げない”から揚げにトライ!ビストロを使えば、たったの3ステップで作れます。

1.ビニール袋に片栗粉と下味をつけた鶏肉を入れ、表面の粉っぽさがなくなるまで、よくもみ込む。こうすれば、手が汚れず、洗いものも少なく済むので、とっても便利!
 ※市販のから揚げ粉(酵素の入っていない粉末タイプ)を使えば、さらにカンタン♪

2.給水タンクに満水まで水を入れる。

3.鶏肉は皮目を上にしてグリル皿に並べ、上段に入れる。

あとは、自動メニュー。約18分で、“揚げない”から揚げのできあがり。
中はしっとり、外はさっくりと仕上がりました♪

調理後のグリル皿には、鶏肉から流れ出た油がこんなに・・・!
揚げない上に余分な油も落ちるので、カロリーダウンが期待できますね。

 

■揚げる?揚げない?どっちを選ぶ?

油で揚げたディープフライは、衣にしっかり油を含んでいて、食べ応え満点。
「今日はガッツリいきたい!」なんて時には、やっぱりこちらですね。

一方、電子レンジで作ったノンフライのから揚げは、さっくり軽めの仕上がり。
夏の間に胃が弱ってしまった方も、食べやすいのではないでしょうか。
そして何と言っても、後片付けがカンタンな点も魅力!

 

“揚げる”と“揚げない”、それぞれに良さがあるので、その日の気分や体調にあわせてチョイスしましょう。

 

3件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
  • 2017/05/11
    から揚げは、つくる機会がおおいので、油を減らせて、いいですね。
  • ビストロでよくから揚げを作ります!
    主人にはちょっと物足りないと言われますが・・・・・でもヘルシーにできるし、お肉もやわらかく仕上がりますよね。
    おわったあとのグリル皿にのこる油をみると『きゃ~!!』と思います。
    油であげるとそれ以上に油がはいっているんですよね(>_<)
    お弁当なんかでがっつりたべたい時は、油で、夕飯などカロリーが気になるときは
    ビストロで・・・・我が家では使い分けています。
投稿の報告
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる