キッチンマガジン
2014/11/20

この時期は牛より豚を選べ!?ポークソテーをおすすめする理由

9
2118 views

■ビーフにない魅力がいっぱい


意外とあなどれない洋食メニューの筆頭といえば……
 


…しっとりジューシーな「ポークソテー」!
ともすればビーフステーキの陰に隠れてしまいがちな存在ですが、美味しさはイイ勝負なのではないでしょうか そして
豚肉には、牛肉にない魅力もいっぱい!
例えば…

・疲れに効くビタミンB1が牛肉の約10倍
・日本における食肉消費量No.1
・何といっても安い


また、食用ブタは牛よりも圧倒的に体脂肪率が低く、なんと14~18%ほどだとか。
ああ見えて、実はアスリート並みの筋肉質だったとは…。
豚肉の旨みのヒミツは、そこにあるのかもしれませんね。
 


▲こう見えて体脂肪率10%台!

 

ビストロなら、そんな豚肉の旨みを凝縮したポークソテーが、失敗知らずでつくれます
その上、つけ合わせの同時調理もOK
年末に向けて、何かと忙しいこの時期。
カンタンで美味しくて、疲労回復にも一役買うポークソテーをレパートリーに加えましょう。

 

■この「ひと手間」が大事!肉をフラットに仕上げるコツ


1.赤身と脂身の間にあるスジを切ります。こうすることで、加熱による反り返りを防ぎ、フラットな焼き上がりに。
大雑把な筆者は、キッチンばさみを縦に入れてパチンパチン。


2.スジ切りした豚肉に粒マスタード、はちみつ、塩こしょう等をもみ込みます。
筆者は、ジッパー付き保存袋を使用。そのまま10分ほどおくと、さらに味がしみ込んで美味しいですよ。


3.グリル皿の手前から、レモンをのせた豚肉、つけ合わせ用の玉ねぎ、エリンギ、グリーンアスパラの順に置きます。
上段に入れ、自動メニューを設定すればOK (NE-BS1100 自動で調理の場合)


4.しっとりとイイ感じに焼き上がりました中までキチンと火が通っています。

 


------------------------------------
詳しいレシピは>>こちら
------------------------------------
 

 

■シンプルだからアレンジも楽しい!


そのままでも十分美味しいですが、某大型輸入スーパーで購入したバジルペースト(チーズ入り)をディップしてみました。おおっ、これはイケる


さらに、ビストロでグリルしたパイナップルもトッピング。豚肉との相性は言わずもがな。


シンプルメニューだからこそ、アレンジのアイデアも広がるポークソテー。
ソースやトッピング、つけ合わせに工夫してみると美味しさ&楽しさ倍増
ぜひ、お試しあれ
 

9件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる