キッチンマガジン
2015/01/20

【女子力向上月間】デコッてアラッ!?初めてのシュークリーム

7
1173 views

■女子力低めな筆者が挑みます!  


天下分け目のバレンタイン決戦まで、あと1か月。
当日のプランはもう決まっていますか

バレンタインの思い出を振り返ってみると、手づくりスイーツを殿方にあげたことがない筆者。
さすがに女子力低すぎではないか」と思い至り、今年は挑戦してみることにしました。
 


そこで選んだのは、鍋を使わずにつくれて、材料も少なくて済むシュークリーム
ところが、お菓子教室に通う女子力高めの友人から、「初心者にシュークリームは難しいよやめといたほうが…」と容赦ないアドバイスが。
その言葉に若干ひるみつつも、ビストロという強い味方がついているので、予定通り決行しちゃいます

 

■「手早く」と「見極め」がポイント
 

生地が冷めないうちに手早く作業するのがポイントとなるので、材料をしっかりセッティング。バターと卵は、常温に戻しておくこと。耐熱ガラス製ボールにバター・水・塩を入れ、ラップをしてビストロへ。レンジでチンした後、よくかき混ぜ、薄力粉を一気に加えて混ぜあわせます。


ラップなしでチンし、さらにまぜまぜ。溶いた卵の半量を投入。卵を入れすぎると膨らまないので、タネの状態をよーく見極めつつ、残りの卵を少しづつ加えます。木べらですくってひと固まりに落ち、その先が逆三角形にとぎれるのが目安。


生地を絞り出し袋へ。シュー皮用の丸い口金がなかったため、市販のホイップクリームにおまけで付いてきたプラ製口金をカットして使用。生地を絞り出し袋に入れる際、コップを使うとラクチンでした。アルミホイルを敷いた角皿にバターを塗り、生地を絞り出します。


自動メニューをセットして、待つこと約25分(NE-BS1100を使用)。ほどよく膨らんだものもあれば、しょぼんとしてしまったものもあり、ちょっぴりバラつきのある仕上がりでした。でも、コツは掴めたので、次はたぶん大丈夫

 


 

■カスタードクリームもビストロで


もちろん、カスタードクリームも鍋を使う必要なし

ふるった砂糖・薄力粉・コーンスターチを泡立て器で混ぜながら、チンした牛乳を少しずつ投入。さらに卵黄も少しずつ混ぜます。混ぜた材料をラップなしでビストロへ入れ、自動メニューをセット(NE-BS1100を使用)。途中で2~3回かき混ぜ、とろみがつけばOK。無塩バターとバニラエッセンスを手早く混ぜ込み、粗熱がとれたらラム酒を加えて冷やします。

 

 

ちなみに、カスタードクリームを冷やしている間、余った卵白でメレンゲクッキーをつくってみました。卵白に砂糖を少しづつ加えながら泡立て、あとは焼くだけ。あのゲームのモンスターみたいで可愛い


 

■クリーム入れてもパリパリ感キープ


いよいよ、シューにカスタードクリームをイン。シンプルな皮の味わいに、卵感たっぷりのクリームがマッチ時間がたっても、外側の皮はパリパリのままです


▲粉糖をふりかけプロっぽい仕上がりに

 

■デコればアラッ!?隠れちゃう♪


さて、思うように膨らまなかった失敗シュー。しょぼんとしたこのコたちを何とかしたい…というワケで、少ない女子力をふり絞ってデコってみました。
不恰好なシューも、市販のお菓子やホイップでデコればアラッ…アラが隠れてステキに変身☆
 


初心者のみなさんこんな風にリカバリーも可能なので、失敗を恐れずにトライしちゃいましょう

 

次回は【女子力向上月間】第2弾として、ショコラオレンジケーキにチャレンジする予定です。
……さぁどうなる、筆者のバレンタイン

 

39件の「いいね!」がありました。
39件の「いいね!」がありました。
7件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる