キッチンマガジン
2017/11/08

あまったあんこでもう一品!「ついで」感覚でつくれちゃう季節のプチ桃山

10
4863 views


  あまった白あん&こしあんを一気に消費!

11月24日の「和食の日」にちなみ、2週にわたって「和菓子」をクローズアップするこの企画。
第2週目となる今回は、あまったあんこでもう一品つくっちゃいます!


▲市販のあんこは1回じゃ使い切れない・・・

市販の袋詰めあんこは、400~500g入りが主流。1回で使い切れないことって結構多いですよね。前回「蒸しようかん」をつくった際も、白あんとこしあん、どちらも半分ほど残ってしまいました。冷凍するのも億劫だし、どうせなら一気に消費しちゃいた~い・・・そんな経緯から思いついたのが桃山風の焼き菓子、名付けて「秋のプチ桃山」です!

この「秋のプチ桃山」、あんこ以外で必要な材料はたったの2つ。“ついで”感覚でつくれちゃいますよ~


  レンジでかんたん!秋のプチ桃山

<材料>ひと口サイズ15個分
・白あん 150g
・こしあん 150g
・卵黄 卵1個分
・上新粉 6g

まずは、白あんで生地づくり。白あんに卵黄1/2個分と上新粉を加えて混ぜ合わせ、ラップをせずにレンジ600Wで約1分。そのまま常温まで冷まします。生地がベトベトしてまとまらないようなら、上新粉を少し追加して調整してくださいね。

「オーブン」予熱あり1段を選び、200℃で予熱スタート。こしあんは1個10gに丸めます。白あんでつくった生地を15等分し、こしあんを包みます。

木の葉、栗、松茸などの形に成形し、包丁の背で葉脈や筋を描きます。角皿にクッキングシートを敷き、間隔をあけて並べます。

残りの卵黄にみりん少々(分量外・なくても可)を加え、表面に塗ります。予熱完了後、角皿を下段へセットし、「オーブン」1段200℃で約7~9分。粗熱がとれたらラップをして一晩置くと、しっとりした口当たりになりますよ~

※ビストロNE-BS1400を使用。お持ちの機種にあわせて、加熱時間を調整してください。


  ほんのり焼き色が趣きを演出!


▲落ち葉・焼き栗・松茸。秋のモチーフが勢揃い!

あっという間に、ひと口サイズの桃山のできあがり~!ほんのりついた焼き色が、秋らしさを演出してくれています。

しっとりしつつも、食べるとホロホロほどけておいし~い!日本茶はもちろん、ブラックコーヒーとの組み合わせも意外とイケます。

100円ショップで購入したミニカゴに入れてみました。カゴごと透明OPP袋やラッピングシートで包装すれば、手土産にもなりますよ~


  チョコレート用のシリコン型を活用しても


▲お好みの型で楽しさ広がる!

100円ショップなどにあるチョコレートのシリコン型を使って成形するのもおすすめ!こしあんを包んだ生地を型に入れ、軽く押しつけてからそっと外すだけでOKです。

くまちゃん、お花、お星さまの型でつくってみました。イベントや季節にあったモチーフの型を使えば、1年中楽しめそう♡


  ビストロなら自動メニューも揃ってます

2週にわたってお届けしてきた和菓子企画、いかがでしたか?
ちなみにビストロは、和菓子レシピの自動メニューもたくさん揃っています。手軽につくれるので、ぜひチェックしてみてくださいね。

◆いちご大福
◆わらびもち
◆黒豆もちもち
◆いもまんじゅう
◆フルーツのおもちロール

クリスマス、年末、お正月と、人の集まる機会が増えるこれからの時期。手づくりの和菓子でおもてなしをして、お株をあげたい筆者なのでした。


ネオ和菓子風!レンチンでつくる蒸しようかんはこちら>>

75件の「いいね!」がありました。
75件の「いいね!」がありました。
10件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の報告
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる