キッチンマガジン
2019/07/17

カレーなる融合…!?「甘酒スープカレー」は煮込まなくたってコク深い。

2208 view
26
お気に入り
 
 

風鈴、かき氷、花火、甘酒。

・・・実はコレ、ぜ~んぶ夏の季語
今でこそ冬のイメージの強い甘酒ですが、江戸時代の庶民にとっては風鈴や花火と並ぶ「夏の風物詩」。暑くなるとたくさんの甘酒売りが江戸の町を行き交い、暑気払いの飲み物として親しまれていたそうですよ。薬も少なかった時代の知恵ですね~


▲「飲む点滴」の異名を持つスーパードリンク!

そ~んな昔ながらの栄養ドリンクである「甘酒」を2週にわたってクローズアップ!「飲むだけじゃない」アレンジをご提案します。第1週目となる今回は・・・

\じゃーん!甘酒スープカレー!/

夏のカラダにうれしい甘酒、そして夏でも食べやすいシャバシャバ系カレー。この2つのおいしい融合を目指してみました。

レンチン完結!かんたんワンボウル調理

<材料> 2人分
・甘酒(米麹タイプ) 200ml
・豚バラ薄切り肉(4cmの長さに切る) 100g
・ピーマン(1cm幅の細切り) 中1個/40g
・ミニトマト(半分に切る) 6~7個/100g
・おくら(斜め半分に切る) 4本/40g
・水 200ml
・市販のカレールウ 30g
・顆粒コンソメ 小さじ1
・おろしにんにく 小さじ1
・中濃またはウスターソース 小さじ2~3

カレールウは、包丁で刻んでおきます。豚バラ薄切り肉は4cmの長さに、ピーマンは1cm幅の細切りに、おくらはガクを取って斜め半分に、ミニトマトはヘタを外して半分に切ります。

直径25cmの耐熱ボウルに甘酒、水、顆粒コンソメ、おろしにんにく、カレールウを入れ、ざっと混ぜあわせます。豚肉⇒野菜類の順に加え、ふんわりとラップをしてレンジ600Wで約9~11分。

加熱後、ルウの溶け残りがないように全体を混ぜあわせます。最後に、ソースで味を調えればできあがり!

ココちょいPOINT!
  • 甘酒は米麹タイプで、できれば砂糖不使用のものを。

  • 豚こま切れ肉でもOK。

  • 辛党の方は、一味唐辛子(小さじ1/4程度)をプラスしても。

  • ソースの代わりにナンプラー(小さじ2~3)を入れると、エスニック風に

※ビストロNE-BS1500を使用。お持ちの機種にあわせて、加熱時間を調整してください。

甘酒効果!?コトコト煮込んだような味わいに

準備から完成まで、たったの15分!直火を使わないから、キッチンで汗だくという由々しき事態にもなりません。
甘酒のまろやかな甘みとカレーのスパイシーな風味、この2つが絶妙なハーモニーを紡ぎ出し、まるでコトコト煮込んだような奥行きのある味わいに。これぞ、発酵飲料の甘酒効果・・・!?

スプーンにひと口分のごはんをとって、カレーに浸しながら食べるのがスープカレーの流儀。残りが少なくなってきたら、ごはんをスープ皿に入れてかっこんじゃいましょう!
シャバシャバ系カレーは、暑い日でも喉を通りやすいので、これからの季節にぴったり。「とろっと系カレーは濃厚すぎてちょっと…」なーんて時にぜひお試しあれ♪

つけめん、そうめん、麺でもイケます!

さて、スープカレーの相棒は、ごはんだけじゃありません。アツアツの甘酒スープカレー×茹でたての中華麺の組み合わせもメチャあいます!ブラックペッパーをたっぷりふって、つけめんにしてどうぞ♡

甘酒スープカレーを冷やして、そうめんのつけダレにするのもおすすめです。ねぎやみょうがなどの薬味をトッピングすれば、彩りも風味もアップ。ツルツルッと箸が止まりませ~ん! 家呑みのシメにも◎。

次回更新は7月24日です

2週連続甘酒アレンジ企画の「甘酒スープカレー」編はここまで。
次回は、使い方いろいろ甘酒マシュポテが登場します!

それでは、また来週~

◆次回は7月24日更新です◆

 
86件の「いいね!」がありました。
86件の「いいね!」がありました。
26件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる