キッチンマガジン
  • [メンテナンスのお知らせ] 2019/12/16
    いつもキッチンポケットをご愛用いただきありがとうございます。 CLUB Panasonicのメンテナンスに伴い、以下の日程でキッチンポケットWeb/アプリの一部サービスを停止いたします。 2019年12月16日(月)午前 0:30~午前 2:00頃(最大) 期間中は、CLUB Panasonicサイトへのアクセスができなくなるため、キッチンポケットWeb/アプリからも、新規会員登録、ログイン等のサービスをご利用いただけない場合がございます。 お客様にはご不便をおかけしますことを深くお詫び申し上げます。
2017/07/12

朝から焼きたての美味しい朝食♪60分パン

4
2805 views

こんにちは、あいあいみーです最近、「朝活」を始めました家族よりちょっと早く起きて、家事を一通りこなし、空いた時間を一人ゆったりと過ごすことに幸せを感じています

さて、今回のテーマは「早焼きパンで朝ごはん」です。
朝食に焼きたてパンを食べるときは、ホームベーカリーのタイマー機能で食パンを作っていた私。
今回は、朝起きてから材料を用意して、朝食に間に合うパンとして「60分パン」に挑戦してみました

まずは、60分パンの材料です

・ぬるま湯 30g(mL)
・ドライイースト 4.2g(小1と1/2) 
・強力粉 280g
・バター 25g
・砂糖 25.5g(大3)
・スキムミルク 12g(大2)
・塩 5g(小1)
・卵(溶く) 25g(M寸1/2個)
・ぬるま湯※ 140g(mL)
※ぬるま湯の温度は35~40℃

※材料の「大1」は、付属の「大スプーン1杯」、「小1」は、付属の「小スプーン1杯」の意味です。

60分の早さで出来るパン、いつもの食パンの作り方と何が違うのかなとレシピを見てみると・・・・・
まず初めに、ぬるま湯(温度は、35~40℃)30g(mL)でドライイースト4.2g(小1と1/2)をダマがなくなるまでしっかり溶きます。

その後、溶いたドライイーストとぬるま湯以外の材料をホームベーカリー(※SD-BMT1000使用)のパンケースに入れます。そして、パンケースをホームベーカリー本体にセットしてから、最後に溶いたドライイーストとぬるま湯を入れます。

「60分パン」のメニューコースNo.7を選択し、スタートボタンを押しますあとは、60分待つだけ

パンが出来るまでの間に、朝食のおかず作りです
メニューは、ハムエッグ・ウィンナー・サラダ・ヨーグルト・野菜ジュース時間に余裕があり、キッチンの片付けまで終わりましたよ

パパと娘が起きてきた頃、ピピッピピッと、ホームベーカリーから焼き上がりの音が鳴り、60分パンが出来上がりました。
フタをあけると、こんな感じ~想像していたより、膨らんでいました



パンケースを取り出し、2分ほど冷ましてからパンを取り出します。



焼きたてのパンは、冷ましてからカットするのがベストだといわれていますが、今回は早く食べたかったので冷めないうちにカットしてしまいました外側のパンの耳は、カリカリッとしていて、中はパンドミや食パンに比べてしっかり詰まっている感じです

早速、「いただきまーす」と食べ始めると、「このパン、いつもよりモチモチしているね~」と娘。
「大きさは小さめでも、食べるとボリュームがあるパンだね~、焼きたては美味しい~」とパパ。

今回は、パンが出来るまでの60分、とても充実した時間になりました朝活は、気持ちがいいですね
朝起きて「今日は焼きたてパンが食べたい」と思い立ったら、これからも60分パンを作りたいと思います

今回のレシピ:60分パン

 

4件のコメントがあります。
並び替え
コメントするにはログインしてください
投稿の通報
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる