レシピ
~調理家電で簡単便利!オーブンレンジ~
公式
カレーチーズパン
カレーチーズパン
エネルギー 約188kcal(1個分)
塩分 約1.0g
調理家電 オーブンレンジ
*調理方法は、NE-BS2600を使って調理したレシピです。
レシピを利用される場合は、お使いの商品の料理本を参考とし、様子を見ながら調理してください。
材料

12個分

カレーチーズパン
使用する付属品:角皿
強力粉
280g
ドライイースト(予備発酵不要の物)
4.5g(大さじ1/2)
A
砂糖
36g
L寸1/2個(正味30g)
4g(小さじ1弱)
牛乳
80ml
80~90ml
カレー粉
小さじ1
薄切りハム(半分に切る)
6枚
無塩バター(室温に戻す)
35g
プロセスチーズ
12本(1本10g)
粒マスタード
適量
ドリュール
L寸1/2個弱(正味25g)
少々
作り方
  1. ●薄切りハムをウインナー12本にしても作れます。

    1.
    ボウルに強力粉とドライイースト、Aを入れて混ぜる。

    ●材料や生地は正確にはかりましょう。
    パン作りのコツ・発酵具合について
  2. 2.
    材料をひとまとめにして台に出す。
    こすりつけるようにして、ひとまとまりになるようによくこねる。
    (手に付いてこなくなるまで)
  3. たたきつける、こねるをくり返して生地をまとめる。
  4. 生地がまとまったら、バターを2~3回に分けて加え、再び、ひとまとまりになるようにこねる。
  5. たたきつける生地の面を変える。
  6. くり返したたきつけ、十分にこねる。
    (約10分間)
  7. のばしたときに、生地が透けて指が見えるくらい薄くのびるようになったら、こね上がり。
  8. 生地を丸め、油(分量外)を塗ったボウルに入れる。
  9. 3. 【1次発酵】
    給水タンクに満水まで水を入れる。

    生地を入れたボウルをラップなしで角皿にのせ、下段に入れる。
    使用商品:NE-BS2600
    手動⇒発酵⇒スチームあり⇒35℃⇒約50分〜1時間10分
  10. 生地が発酵して、2~2.5倍にふくらんだら、指に粉を付けて中央を押し、指穴がそのまま残ればOK。
    (発酵終了時の生地温度の目安は、30~35℃)

    パン作りのコツ・発酵具合について
  11. 4. 【休ませる(ベンチタイム)】
    生地を包丁かスケッパーで、12等分(1個約43g)に分ける。

    ●手ではちぎらない。
    ●生地の乾燥を防ぐため、生地にはラップをかけておく。

    小さく丸めて、ラップをかけ15~20分休ませる。

    ●成形前に生地を均等に分けることが焼き上げのコツです。
  12. 生地を写真のように水滴状に成形をして、ラップをかけ、さらに15~20分休ませる。
  13. 5.
    生地を、めん棒で細長い三角形にのばす。
  14. 生地の上に、ハム(またはウィンナー)、チーズ、マスタードをのせ、包み込むようにくるくる巻く。
  15. 薄く油(分量外)を塗った角皿に並べる。
    ●写真は「バターロール2段分(24個)」です。
  16. 6. 【2次発酵】
    角皿を下段に入れる。
    使用商品:NE-BS2600
    手動⇒発酵⇒スチームあり⇒40℃⇒約30~40分
  17. 発酵終了後、角皿ごと生地を取り出し、ドリュールを塗る。
  18. 7.
    予熱する。
    (庫内に何も入れない)
    予熱時間:約7分
    使用商品:NE-BS2600
    予熱:手動⇒オーブン⇒予熱あり1段⇒200℃
    工程8の加熱:180℃ 8~15分
  19. 8.
    予熱完了後、角皿をすばやく下段に入れる。
    「あたため/スタート」ボタンを押す。
     (加熱開始)

    ●焼きムラが気になる場合は残り時間約5~7分で角皿の前後を入れかえてください。
    (熱いのでやけどに注意)
  20. 【記録を残して上手になろう】

    パンを上手に作ろうと思えば何回も練習するしかありませんが、そのときに細かく記録を付けておくことが次につながってきます。

    その日の室温、仕込み水の温度、生地のこね上げ温度、発酵温度、時間などです。

    おいしくできたなら記録通りに、よくなければ修正するということをくり返すうちに、思うようなパンの焼き上げができるようになります。

    【生地をこねている途中で休んでも大丈夫】

    最初から最後まで休みなくこねるのはとても大変。
    特に後半は生地の弾力が増すのでより力が必要になります。
    疲れたら、そのときは休んでもかまいません。
    生地が乾かないように注意すれば、3~5分程度は休憩しても大丈夫。
    生地も休ませることで弾力が緩み、こねやすくなります。
  21. ※NE-BS2600のレシピを表示しています。
    対象商品をお持ちの方は、My家電登録しログインすれば、お持ちの商品のレシピを見ることができ、レシピにより人数分対応もできます。

シェアする
20件の「いいね!」がありました。
3件のつくったコメントがあります。
昨夜急に強力粉が余っていることに思い立ち、レシピ集にあったカレーチーズパンを作りました。
バターロールと同じ要領なのですが、生地をこねるのがやはり体力使いますね。わたしも休憩をはさみながらなんとかこねました。夜に生地を仕込み、翌朝具材をはさみ、焼きました。
バターがたっぷりなので、小ぶりですが2個でおなかがいっぱいになりました。
1 返信する
  • マチルダ先輩 さん、このレシピ、なおぴょん705さんのアンバサダーマガジンにも紹介がありましたね。カレー+チーズ+ハム+マスタードでかなりそそられるレシピです♪

    たっぷり作られましたね♡
    私も捏ねるのはもう5分が限界です‼
    でもいつか作ってみようと思います(*^^*)
    こんがり焼けて美味しそうです。
 最初の粉をこねるところが一番つらかったのですが、休憩を入れながら根気よく叩いて、こねてを繰り返しているうちに、だんだん手に着かなくなってきました。後はレシピにしたがって進めていけば、時間はかかりますが楽に仕上がります。
 ソーセージ(左2個)とロースハム(右)の2バージョン作りました。ハムの方はマスタード抜きでも良いと思いますが、ソーセージ版は粗挽きマスタードとの相性が抜群ですので嫌いでなければ、たっぷり目が良いと思います。
 チーズが少し流れ出してしまったので、上手に種類を選ぶ必要があるかもしれません。(流れ出して焦げたチーズもまた乙なものでしたが…)
返信する
投稿の通報
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上通報ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の通報
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※通報者情報、通報内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる