レシピ
みんなが作ったレシピ
みんな
ホームベーカリーでつくる基本の生チョコ
「湯せんの温度調節が難しい」「湯せんしてたらチョコの中にお湯が入っちゃった」「なかなか溶けなくてイライラしちゃう」…そんなメンドクサイ問題をホームベーカリーで一挙解決!リーズナブルな板チョコが、あっという間に高級感漂う生チョコに大変身しちゃいますよ♪
調理方法は、ホームベーカリーを使ってキッチンポケットの会員の方がつくったレシピです。
レシピを利用される場合は、お使いの商品の料理本を参考としてください。(調理モード、調理時間、付属品の使い方など)
自動調理については、手動でできない場合があります。
材料

19cm×7cm×高さ1cm分

ホームベーカリーでつくる基本の生チョコ
市販のミルクチョコレート(板)
3枚/165~174g
生クリーム(乳脂肪分35%)
70ml
はちみつ
10g
ココア
適量
作り方
  1. 1
    パン羽根をセットしたパンケースに板チョコを割り入れます。生クリーム、はちみつを加え、パンケースを本体にセットします。
  2. 2
    メニュー29「生チョコ」(SD-BMT1000の場合)を選択してスタート。そのままおまかせで約17分。
  3. 3
    アラームが鳴ったら、ふたを開けて混ぜ上がり具合をチェック。溶け残りがある場合は、「追い混ぜ」機能を利用すればOK!メニュー29を表示させ、混ぜる時間を設定するだけ。混ぜ時間は1~5分まで設定できますよ。
  4. 4
    パンケースを取り出し、ゴムべらでパン羽根についたチョコを落としてから、手でパン羽根を外します。ラップやクッキングシートを敷いたバットなどの平らな容器にゴムべらで流し入れます。今回は、横半分にカットした牛乳パックを使用しました。冷蔵庫で2時間以上冷やし固めます。
  5. 5
    お湯で温めた包丁で、適度な大きさに切り分けます。包丁は1回切るごとに温め直し、水気を拭いてから使うのがポイント!そうすることで、断面がキレイに仕上がりますよ。
  6. 6
    最後に、切り分けた生チョコにココアをまぶします。その際、牛乳パックの残り半分を活用すると、後片付けがラクちん♪
  7. 7
    口どけなめらか~!コーヒーはもちろん、濃いめに煎れた緑茶やワインとのマリアージュもおすすめです。
  8. 8
    切り分ける際に失敗してしまった時は、丸めてトリュフにしちゃいましょう。切り分けた生チョコを1個ずつラップに包んで丸め、冷蔵庫で30分~1時間程度冷やします。ラップを外して丸め直し、ココアをまぶせば、コロコロかわいいトリュフのできあがり!
シェアする
5件の「いいね!」がありました。
5件の「いいね!」がありました。
現在コメントはありません。
投稿の報告
「キッチンポケット」内において、利用規約に違反する疑いがある投稿を発見された場合は、こちらより該当する理由を選択の上報告ください。
該当する理由を選択してください。
キャンセル  
投稿の報告
通信に失敗しました。恐れ入りますがしばらくたってからやり直してください。
閉じる
ご協力ありがとうございました
※報告者情報、報告内容については個人情報保護方針にて保護され、公開されることはありません。
注意事項
ご連絡に事務局が個別にお答えすることはありません。
ご連絡いただいた内容は、利用規約に照らし合わせて確認を行います。
ご連絡をいただいても違反が認められない場合には、対応・処理を実施しない場合もあります。
閉じる